MGS5攻略

小島監督「ゲーム作りとは、現実世界に魔法をかけること」

投稿日:

kojimatop

小島監督が世界各地のゲームスタジオを旅していましたが、そのたびが終わって、これからどうするか発言しました。

ゲーム作りは魔法みたいなもの


となりにいるメガネの外人は、PS4を作ったマーク・サニーさんです。

代表作は、ソニックザヘッジホッグ2、クラッシュバンディクー、ラチェット&クランク

サニーさんは、日本語ペラペラで日本人の奥さんがいます。

すごい人ですね。最初なんやこのメガネとか思ってすんませんw

サニーさんは、今回の10日間の旅で小島監督とずっといっしょにいたみたいです。

 

 

 

 最後のガイコツなんだよwww

wwww

小島監督の事だから、なんか意味があるんでしょうけど、よりによってガイコツはないだろw

ゲーム作りとは、技術を使って、現実世界に魔法をかけること

小説家みたいな表現です。

発言といっしょにたくさんのスタッフの画像を使ってるのが印象的です。これは小島監督がゲーム作りにおいて、人材を重視してるという事でしょう。

人材と彼らの能力を引き出す「環境」が必須となる、って言ってますが、小島監督がコナミでどんな「環境」にあったか想像すると悲しくなってきます。

そしてスタジオのビジョンをハッキリさせる必要があるとも言ってます。

これは言いかえれば、ゲーム企画者の小島監督がゲームプランをしっかり持つ必要があるという意味に聞こえます。

そしてさいごに、これまで道理、これまでどうり、とくそ寒いダジャレでしめくくっています。

 

余談ですが、SCE(ソニーコンピュータエンタテイメント)が名前を変えて、SIEになりました。

企業が名前を変えるってよっぽどのことです。しかもそれが、今勢いがある会社ならなおさらです。

SIEってなんかピンとこないんですよね。

CIAみたい。

まあじきなれるでしょう。

 

(c)konami

MGS5とモンストの記事はこちらからどうぞ↓

MGS5とモンストの記事はこちら

-MGS5攻略
-

Copyright© ゲーム攻略サイト , 2018 All Rights Reserved.